【アベノマスク】歴代首相の名前でパロディー作成

アベノマスク

先日、やっとで家にアベノマスクが届きました(福岡住み)。

これが噂のアベノマスクか〜

しばらくマスクを見ていると、ある疑問が湧いてきました。

安倍首相だからアベノマスク。

他の名前の人だったら、どう呼ばれていたのだろう?

そういうことで、今回は歴代首相の名前でアベノマスクのパロディーを作ってみました。

歴代首相の名前でマスク

今まで総理大臣を務めた人の数は62人

これだとちょっと人数が多い為、今回は平成以降の首相の名前パロディー表を作成しました。

上から古い順になります。

名前 マスク名
宇野宗佑 ウノノマスク
海部俊樹 カイフノマスク
宮澤喜一 ミヤザワノマスク
細川護煕 ホソカワノマスク
羽田 孜 ハタノマスク
村山富市 ムラヤマノマスク
橋本龍太郎 ハシモトノマスク
小渕恵三 オブチノマスク
森 喜朗 モリノマスク
小泉純一郎 コイズミノマスク
福田康夫 フクダノマスク
麻生太郎 アソウノマスク
鳩山由紀夫 ハトヤマノマスク
菅直人 カンノマスク
野田佳彦 ノダノマスク

まとめ

歴代首相名でのマスク。

皆さんは、どれがしっくりきましたか?

早速、分析していきましょう。

まず、最初に衝撃を受けたのが「ウノノマスク」。

「ノ」が連続する点が印象的です。

なんだか、おのののかみたいですね。

次に感じたのは、名前が3文字以上だと迫力があるという点です。

例えば、「ミヤザワノマスク」「ムラヤマノマスク」「ハシモトノマスク」「オブチノマスク」など。

なんだか俺のマスク感が半端ないですね。

色々と考えた結果、個人的には呼びやすさ&響き「アベノマスク」が一番しっくりくるという結論に至りました。

因みに、平成以前に遡って歴代首相の名前でマスクパロディーをした結果、「タナカノマスク」が一番迫力を感じました。

ここでいうタナカとは、田中角榮のこと。

なんだか、マスクを汚したり、無くしたりすると「けしからん!」と叱られそうですね。

僕は、世代的に田中角榮が第一線で活躍していた時の世代ではありません。

しかし、彼のただならぬ雰囲気は、過去の映像を見ていても十分に感じ取れます。

おそらく、田中角榮なくして「タナカノマスク」と聞いても何も思わないはずです。

そう考えると、人の名前というのは、響きだけではなく、心理的にも大きな印象を与えるものだなと勝手ながら思ってしまいました。

以上、色々と考えさせられたアベノマスクのパロディーでした。

関連記事

名前

一度聞いたら忘れられない人名|名前で最も期待された男の話