回転木馬式デスクで仕事効率アップ?|こんな机が欲しい!

回転木馬

今回は、「こんなデスクが欲しい!」という案をお伝えします。

名付けて回転木馬式デスク

このデスクを使えば、作業効率アップ間違いなし!?

回転木馬式デスク

かなり雑な絵になりますが、回転木馬式デスクのイメージ図はこうなります↓

回転木馬式デスク
人を囲むように回転式で、その日やるべき書類・課題が回ってきます。

書類や課題は、その日の朝に自分でセットします(前日の夕方でも良いでしょう)。

この回転式は手動。

手で回すかボタンを押すかで動きます。

ずっと動いていると目が回りますからね。

この回転木馬式デスクのメリットは、その日やるべき課題が可視化できること

残っている仕事が回ってくるので、「あれ、あの資料どこいったっけ?」「今日するべき仕事をすっかり忘れてた!」という心配がありません。

完了する達成感

回転木馬式デスク完了した課題は、完了BOXへ。

回転木馬のレールからどんどん課題が物理的になくなることで、現在の仕事状況の可視化、及び達成感が得られます。

重要度別に色分け

回転木馬式デスク書類など一目でよくわからないものは色分けして重要度別に可視化しても良いでしょう。

例えば、

  • 最重要 → 赤色
  • まあまあ重要 → 青色
  • 後回し可 → 緑色

みたいな感じで。

専用色のBOXを作った方がわかりやすいかもしれません。

まとめ

以上、「こんなデスクが欲しい!」という案でした。

回転木馬式デスクという名称は勝手に作ったもので、回転寿司デスクなど他の名称でも良いかもしれません。

よく仕事は可視化した方が良いと言われますが、この可視化が意外と面倒でわかりにくいもの。

このように常にチェックできる回転木馬式レールがあれば、可視化習慣がつき、作業効率もアップするはずです。

仕事に限らず、読んでない漫画をレールに並べるなどの使い方も良いかもしれませんね。

そうでなくとも、多くの道具を使う絵描きさん等は、常に取りやすい位置に道具を回せるこの回転木馬式デスクは活用できるかもしれません。