こんなパワースポットカフェがほしい!自然とカフェが一体

喫茶店・カフェ

多くの人の心を惹きつけるパワースポット

多くの人の憩いの場であるカフェ

今回は、この2つが融合したパワースポットカフェなるものがあれば良いのにという想いを込めて、アイデアをまとめてみました。

あらかじめ言っておくと、完全なる素人案です。

その点、ご了承ください。

パワースポットカフェ

まずはコンセプトから。

前述のように、カフェは憩いの場

椅子に座ってコーヒーを飲み、落ち着ける場所です。

人にもよりますが、滞在時間は30分から1時間程ではないでしょうか。

その時間、スマホを充電するように、じっくりと心身ともにパワーを充電できたら、一石二鳥だと思ったわけです。

そこで思いついたのが、パワースポットとカフェの融合

特に、時の流れが早く、何かと慌ただしい都会においてこのような場所があれば、かなり重宝されると思います。

以下は、素人が勝手に考えたパワースポットカフェ案です。

パワースポットカフェ
1人につき1パワースポットと考えた時、待ち時間が生じるでしょう。

その待ち時間でストレスが生じたら、本末転倒。

そこで考えたのが、複数人で楽しめる空間。

一気に複数人が充電できると考えた時、とっさに思いついたのは上図のように一つの木を人が囲むスタイルでした。

そして、この木こそがパワースポットです(パワースポットの詳しい定義はこの際、割愛)。

木を間近にして書類に目を通すのも良いですし、物思いに耽るのも良いでしょう。

もちろん、木をずっと眺めるのもOK。

カフェということで、パワースポットにわざわざ行くというハードルも一気に減ります。

当然、「パワースポット」「カフェ」という要素が含まれると、長居する人も考えられます。

よって、この周辺の席は最大30分までという制限を設けます。

パワースポットカフェ修正案

上の図を見ながら、一つ疑問が湧きました。

木は日光を浴びなくて大丈夫なの?

自然の風や水を浴びなくて大丈夫なの?

枯れてしまっては大変。

ということで下記のように修正案を加えました。

パワースポットカフェ
パワースポットツリーのある場所は吹き抜け。

そこから太陽や雨の水を浴びることができます。

そして、木を囲むように窓ガラスが。

この窓ガラスは開け閉めができ、開けると網戸があります。

そこからパワースポットの気を、見て感じ取れるという造りになっています。

まとめ

以上、素人が勝手に考えたパワースポットカフェ案でした。

冗談半分ですが、本当にこういうカフェがあったらという願いも強いです。

もし、こういうカフェが存在すれば毎週通いたいです。

しかし、そこは今のご時世。

本当にこんなパワースポットカフェが存在したら、インスタグラムなどで一気に拡散され、すぐに混雑するはず。

そこに癒しという言葉はないかもしれません。

以上、勝手に色々と語ってしまったパワースポットカフェ案でした。